Tomohiro N. | ウインズソフト株式会社

お問い合わせお問い合わせ
お問い合わせお問い合わせ

interview

Tomohiro N.
プログラマー

Tomohiro N.

SIソリューション事業部
AIソリューション部
2020年入社

入社前の仕事選びの軸は?

自分のアイデアを形にできる仕事がしたいと考えていました。
IT業界はPC一台あればそれが出来るということに強く魅力を感じ、未経験で不安もありましたが、思い切って選びました。

現在の仕事内容は?

現在はAI関係の業務に携わっています。
勉強しなければいけない事が山ほどあって大変ですが、新規事業ということもあり少人数で業務にあたっているので、自分で決められること、考えられることが多くやりがいを感じています。

ウインズソフトならではの魅力は?

若手のうちから色々な仕事を任せて頂けることだと思います。
1年目、2年目でも自分の裁量で決められることが多々あります。
また、若手発信の意見でも、必ず上長の耳に届いて対応いただけるという社風も魅力だと感じています。

Tomohiro N.
Tomohiro N.

仕事をする上で大事にしていることは?

単純作業は機械に任せるように意識しています。
自動化することで、今後同じ作業をするときの効率も上がります。
「楽することをサボらない」をモットーにしています。

今後、仕事で実現していきたいことは?

「ウインズソフトで自社製品を持てたら良いな」と思っています。
ユーザーの声を反映して、アップデートを繰り返しながら良い製品にしていくことが楽しそうだと感じています。

ウインズソフトの社員はどんな人?

自分含めてですが、教え好きの方が多く、質問や相談に丁寧に応えて下さる方が多い印象です。

仕事で感じたやりがいや感動エピソードを教えてください。

毎日が感動の連続です。
この業界は誰かが考えた「優れたアイデア」に触れる機会が非常に多いと思います。
その素晴らしさや工夫が分かった時、嬉しくなります。
プログラムなんかは誰かが作った優れたアイデアの集合体ですね。
もちろんお客様の製品や仕組みに対して感じることも非常に多いです。

仕事で尊敬する人は?

他社の方ですが、以前一緒に働いていた方です。
エンジニアとしてもビジネスマンとしても一流だと思っていますし、私の目標です。
その方に頂いた言葉・アドバイスは、私のエンジニアとしての人生の一生の指針になると思っています。

学生時代に熱中したことは?

学生時代は手品サークルに所属していました。
手品をする側にとっての手品の魅力は、自分の考えた「魔法」をどうやって実現するかを考えることにあると思います(誰かが考えたものをなぞるだけでは面白くないですからね)。
自分のこだわりやオリジナルをどう入れるかを考えることが凄く好きでした。

学生時代の経験で、今の仕事に活かされていることは?

手品サークルを通して、物事を「どう実現するか」と考えるクセがついたことは今の仕事に活きていると感じています。
見た目は全く同じ手品でも、それを実現する「タネ」は色々考えられますからね。
ここがプログラム作成によく似ていると思います。
また、自分が作ったものがお客様に喜んで頂けることの嬉しさを初めて知ったのはこの時だったと思います。

Tomohiro N.
Tomohiro N.

新入社員の方へのアドバイスをお願いします!

コミュニケーションを積極的にとりましょう!
熟練のエンジニアやビジネスマンとお話しすると、例えそれが雑談でもそこから学ぶことは非常に多いし楽しいですよ!

求職者のみなさんに一言!

仕事をしていて楽しいと感じるときはいつなのか、積極的に聞くと良いと思います!
それに強く共感出来たらきっとそれが自分に合う業種なんだと思います。

1日の仕事の流れschedule

9:30
出社、メールの確認
10:00
プログラミング作業
12:00
お昼(弊社の周りにはおいしいお店がたくさんあります)
14:00
お客様とWeb打ち合わせ
15:00
プログラミング作業
18:30
退社